勝沼醸造外観
勝沼醸造のHOMEへ
English
French
  ■栽培・醸造     ■商品紹介     ■ワイナリーツアー     ■リンク  

会社概要
新着記事
Restaurant "KAZE"

レストラン「風」は、勝沼醸造直営のレストラン。 旬の素材を活かしたシンプルな欧風料理の提案をさせていただいております。

トップ  >  会社概要  >  歴史

■■■勝沼醸造の歴史

創業当時の勝沼醸造
創業当時の勝沼醸造


当ワイナリーは、1937年の創業以来ぶどう産地"勝沼"に根ざし、ぶとう栽培からワイン醸造まで一貫して日本のワイン造りを手掛けております。"勝沼"はぶどう栽培1280年、ワイン造り130年の歴史を迎えます。これは、世界の代表的なワイン産地に比べればまだまだ新しいものです。

しかし、ワインは産地の風土から生まれるものであり、その個性を楽しむことがワインを味わうことであろうと存じます。先代の築いた歴史を受け継ぎクォリティーの高い日本のオリジナルワインを造る為に、'欧州系ワイン専用品種'の自園栽培に着手しました。

また、ワインを通して皆様とのふれあいを深め、産地"勝沼"そのものを味わっていただけますよう当社にレストランを開設いたしました。これからも当ワイナリーは、"勝沼"の歴史や文化その個性を大切に一歩一歩あゆんで行きたいと考えております。


1937年
先代社長有賀義隣が現在地にて個人醸造を始める
1941年
近隣の農家29名が加わり金山葡萄酒協同醸造組合設立
1943年
軍の要請により酒石採取の業務を始める
1946年
清涼飲料水の製造販売を始める
1949年
税務所の指導により、組織を改め金山葡萄酒株式会社となる
1950年
酒類の製造が免許制度となると同時に果実酒製造免許取得
1954年
町村合併と同時に社名を勝沼醸造株式会社に変更
1973年
清涼飲料水の製造を中止しワイン・葡萄果汁の製造販売を主力とする
1989年
資本金700万円に増資
 1990年
ワイン用高級品種専用ぶどう園20アール試験栽培開始
  1991年
直営レストラン(レストラン「風」)開設
 1996年
資本金1,000万円に増資
  1999年
ワイン用高級品種専用ぶどう園1.5ヘクタールに拡張
2001年
ワイン用高級品種専用ぶどう園2ヘクタールに拡張
2003年
フランス醸造技術者協会主催、国際ワインコンテスト
「ヴィナリーインターナショナル2003」にて甲州特醸
樽醗酵1999が銀賞受賞
2004年
同コンテストにて連続受賞
イギリスで開催される国際ワインコンテスト「ワインアンドスピリッツコンペティション2004」にて日本の ワインで唯一の銀賞受賞
国のワイン産業振興特区の第一号認定を受け、自社栽培圃場3ヘクタールに拡張
新ブランド「アルガブランカ」発表 特約店制度スタート
2005年
資本金4,700万円に増資
元アサヒビールワイナリー生産設備取得

 

プリンタ用画面
友達に伝える
前
会社概要
カテゴリートップ
会社概要
次
組織・部門

■当社のワインが飲めるお店紹介    ■メルマガ   ■特定商取引に基づく表示   ■プライバシーポリシー
勝沼醸造株式会社 〒409-1313 山梨県甲州市勝沼町下岩崎371 TEL/0553-44-0069 FAX/0553-44-0172