勝沼醸造外観
勝沼醸造のHOMEへ
English
French
  ■栽培・醸造     ■商品紹介     ■ワイナリーツアー     ■リンク  

会社概要
新着記事
Restaurant "KAZE"

レストラン「風」は、勝沼醸造直営のレストラン。 旬の素材を活かしたシンプルな欧風料理の提案をさせていただいております。

トップ  >  栽培・醸造  >  栽培  >  原料へのこだわり

■■■原料へのこだわり

ワインづくりは農業
■ワイナリーみずから良質のブドウ栽培に取り組んでいます。
良いワイン造りには、良い原料が欠かせません。ところが、日本のワイン造りの歴史は、「生食で出荷できないブドウをワイン用原料にまわす」という考え方が主流を占めていました。 つまり、原料としては、ワンランク劣るものを使っていたというわけです。 ワインの本場ヨーロッパでは、ワインづくりを目的で原料栽培をしていますので、ワイン造りの条件となる高い糖度になるような栽培方法を行っています。 当ワイナリーでは、自らがブドウ栽培を行い、良質の原料確保に努めています。もともと自農園であった圃場(畑)に加え、町内の農家などから積極的に農地借受をすすめ、将来的には20ヘクタールでワイン専用品種の栽培を進める計画です。

★当ワイナリーの栽培方法の特徴


●1本の樹に成らせる実を制限し、一粒一粒の糖度を高める「垣根仕立て」方式を採用

●ブドウの肩や先端を落として小さい房に仕上げています。収量は少なくなりますが、その分糖度が高く、良質の原料づくりにつながります。

●雨除けハウスはビニール部分に露がたまり、この露に触れた樹に不快感を与えてしまいます(人間も、ジメジメした露は嫌ですよね)。そこで、雨除けハウスはかけず、一房ごとに傘をかけて、雨の多い梅雨時期などを乗り越えています。

●ワイン原料は、もともとヨーロッパのように砂地や石が多い痩せた土地での栽培が適しています。ところが、日本の土地は栄養が豊富すぎて、ワインづくりには適さない条件が揃っています。そこで、当ワイナリーでは石灰等を投入し土地改良を行い、ブドウのポテンシャル(可能性)を最大限に引き出す研究を行っています。

プリンタ用画面
友達に伝える
カテゴリートップ
栽培
次
畑の案内

■当社のワインが飲めるお店紹介    ■メルマガ   ■特定商取引に基づく表示   ■プライバシーポリシー
勝沼醸造株式会社 〒409-1313 山梨県甲州市勝沼町下岩崎371 TEL/0553-44-0069 FAX/0553-44-0172