勝沼醸造外観
勝沼醸造のHOMEへ
English
French
  ■栽培・醸造     ■商品紹介     ■ワイナリーツアー     ■リンク  

新着記事

Headlines


Recent Headlines
7月15日 本日の勝沼醸造
■甲州■シャルドネ■カベルネ・ソーヴィニヨン■メルロ
7月8日(木)晴れ 本日の勝沼醸造
日中の暑さをさけ、夕方に番匠田圃場へ行ってみると。真っ黒に日焼けした上田さんと山下さんが摘心と摘房の作業をしていました。摘芯・・・枝の先端を切り、伸びようとする栄養を果実に与える摘房・・・葡萄の房を落とし数を制限することにより、凝縮した葡萄を作る■甲州■シャルドネ■カベルネ・ソーヴィニヨン■メルロ
6月30日(水)晴れ時々雨 本日の勝沼醸造
番匠田圃場に咲いてる“アジサイ”雨の日は、なんだか笑顔に見えます。■甲州■シャルドネ雨の雫でブドウがミズミズしく感じます。(美味しそう。。。)■カベルネ・ソーヴィニヨン■メルロ
6月21日(月)晴れ時々くもり 本日の勝沼醸造
10日ぶりに番匠田へ行ってみると、何ということでしょう。こんなにも実が大きく成長しているではありませんか。■甲州■シャルドネ■カベルネ・ソーヴィニヨン■メルロ
勝沼探索<フォトギャラリー> 醸造通信
社長以下、社員、パートさんも参加した“歩け歩け”「勝沼探索」を行いました。葡萄の国文化館を出発!龍憲セラー土屋龍憲が造ったレンガ積みアーチ天井構造の半地下式のぶどう冷蔵庫明治12年 日本で初めて葡萄醸造を行った場所山梨が産んだ葡萄冷蔵庫!≪入り口≫低温に保つために葡萄冷蔵庫の近くに水路を引き、その冷気を引き込むなどのくふうがされています。山梨が産んだ葡萄冷蔵庫!≪外観は蔦で覆われています≫宮光園の復元作
クラレーザ2009 醸造通信
2009年クラレーザを瓶詰めしました。昨年に収穫された甲州種からシュール・リー製法で造ったワインです。昨年秋の健全な葡萄果から仕込まれ、産地ごとに醸造されたもののなかで最適と判断されたものをブレンドしました。☆ARUGABRANCA CLAREZA DISTINCTAMENTE(HPより)アルガブランカ クラレーザ ディスティンタメンテ (限りなく透明なアルガの白) 日本固有のぶどう「甲州」から、 シュールリー醸造法(ワインと澱をゆ
2009甲州種ワイン 醸造通信
昨年2009年甲州種ワインの瓶詰めを行いました。良好な気候に恵まれて素晴らしい葡萄が収穫できた2009年のヴィンテージをお試しください。新酒を除いては初めての2009年ワインです。☆「2009アルガーノ ボシケ」(HPより) 私たちは、葡萄を作ってくださる契約農家の方とじっくり話しをし、 いつも理想の甲州を追い求めています。 葡萄の持ち味を上手く引き出すように醸したこのワインにも、 勝沼醸造の甲州でしか
哲多メルロー 醸造通信
「勝沼醸造哲多葡萄園」から収穫されたワインが、やっぱり、、いい感じに仕上がって瓶詰めされました。勝沼から西に700kmに位置する岡山県新見市の哲多葡萄園色づきがとてもよく元気いっぱいのメルローが栽培されています。2007年に続き2008年もしっかり葡萄が収穫できました。☆「2008 哲多葡萄園 メルロー」 若々しい紫を残した深いルビー色 香りは少し控えめだが、黒い果実、ハーブが調和 豊かなタンニンと酸が果実味の
勝沼プチ探索 醸造通信
お天気のいい、夏日を記録した日!勝沼プチ探索に出かけてきました。☆石室(イシムロ)跡↓葡萄を低温で保存するための冷蔵庫、 大正時代につくられたものらしいです。 内部は20畳くらいでしょうか?外気温とは違いヒンヤリとしたしています。☆石室跡の全体像、↓知らなければ通過してしまいそうな竹林の中にありました。 このあたりに10近い石室跡があるそうです。  ☆古いワインセラー↓土屋龍憲が作ったレンガ積アーチ天井
■当社のワインが飲めるお店紹介    ■メルマガ   ■特定商取引に基づく表示   ■プライバシーポリシー
勝沼醸造株式会社 〒409-1313 山梨県甲州市勝沼町下岩崎371 TEL/0553-44-0069 FAX/0553-44-0172