本日の勝沼醸造 栽培・醸造・レストラン・その他 各部門スタッフが書いております。

2015年8月21日

ベレーゾン

Filed under: 本日の勝沼醸造,栽培通信 — 勝沼醸造 @ 5:38 PM

 

 

 

 

 

 

 

ぶどうが色付始め、ベレーゾン期に入っております。

 

 

 

 

 

 

 

ベレーゾンとは:

第二期と第三期の境界は、着色品種は着色が始まり、白品種は種子が透けて見えるようになり、果 肉が急速に軟化する時期と一致し、この境目の時期をベレーゾンと呼びます。
veraison:仏語 (農)「果実とくにぶどうの」成熟、色づき。   ( ロワイヤル仏和中辞典より)
ベレーゾン以降、果粒は、果皮の着色、果汁糖分の増加、有機酸の減少などの成熟が進みます。気温の低下とともに、新梢の成熟が進み、木質化、水分含量 の低下、デンプンの蓄積が起こり、葉は落葉します。そして、生長器官で自発休眠が開始し、ある程度の低温期間を過ごした後で、(環境要因に支配される)他発休眠へと移行します。
この他発休眠中に樹液流動が起こり、新たな生長サイクルへと移っていきます。
(山梨県ワイン百科より)

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.

Powered by WordPress