2003年11月のニュース
リーデル氏来社(2003年11月26日)
10代目ゲオルグ・リーデル氏と
リーデルジャパン社長アンギャル氏が来社されました。


ワイナリー前にてリーデル氏と社長有賀


甲州ブドウについて
大変興味く聞いておられました


リーデルグラスギャラリーにて
直営レストラン「風」にて、
リーデル社の84種類以上ものグラスの中から、
甲州種ワインの特性を最も引き出すグラスを
お選びいただきました。

【リーデル社のグラスデザインの基本】
リーデル社はいつでも、ワイングラスをワインの個性、香り、味、外観を全て引き出す道具としてとらえています。異なるブドウ品種や個々のワインの微妙な特質を十分楽しむためには、目的に応じた形状のグラスを使うことが重要です。グラスの形状は空気の良し悪しや強さ、それにワインの流れ方に影響します。ワインが舌のどこに触れるかは、グラスの形状、大きさ、グラスの淵の直径、クリスタルの厚み、そして、その仕上げによりコントロールされます。ワイングラスを舌にあてたとたん舌の味蕾はワインを味わうための準備に入ります。ワイン流れは、舌の適切な味覚のゾーンに導かれその結果、異なる味わいを感じ取ることができます。ひとたびワインが舌に触れれば温度、舌触り、味の、3つのメッセージが同時に伝えられるのです。


そして、ゲオルグ・リーデル氏が甲州種ワインに
最も合うグラスとして選んだのはこちら、



ソーヴィニヨン・ブラン/デザート・ワイン
記号416/33
¥2,625



Copyright(C)2001.KATSUNUMA WINERY CO,LTD. All Right Reserved.
〒409-1313 山梨県甲州市勝沼町下岩崎371
TEL/0553-44-0069 FAX/0553-44-0172
E-MAIL kw@wine.or.jp  [HOME]