2004年10月のニュース -No.2
■ 栽培地による甲州種の個性発見


 
いよいよ、今年の新酒《アルガ甲州ヌーボー2004》を11月1日より発売いたしますが、このワインは、昨年までのものと原料栽培地が異なります。

近年、当ワイナリーでは栽培地による個性を見出すべく、単一畑毎の醸造を行ってきました。
2001年から2003年までの甲州ヌーボーは、当社の契約栽培農家の風間正文氏の圃場から収穫された甲州種のみを原料に醸造してきました。

この3年間の経緯から、このワインが従来の甲州種ワインと明らかに違う個性を持っていること、また、その特徴が新酒に起因するものではなく、栽培地の個性によるものであることに気付きました。
よって新ブランドの発表に伴い、栽培地の小字名イセハラを冠した《アルガブランカ イセハラ》として11月22日に発売することに致しました。

なお、新登場の《アルガ甲州ヌーボー2004》については、勝沼町等々力地区の栽培者による甲州種を原料に醸造しています。こちらも、遜色なくパイナップルの芳香があり、ほのかな甘さと爽やかな酸味が特徴になっています。是非ご賞味下さいますようお願い致します。




アルガブランカ イセハラ
750ml ¥2000
アルガ 甲州ヌーボー
750ml ¥1500




Copyright(C)2001.KATSUNUMA WINERY CO,LTD. All Right Reserved.
〒409-1313 山梨県甲州市勝沼町下岩崎371
TEL/0553-44-0069 FAX/0553-44-0172
E-MAIL kw@wine.or.jp  [HOME]