2005年10月のニュース-No,03
プロビダンスのジェイムズ・ヴェルティッチ氏来社



ニュージーランドのシンデレラワイン、プロヴィダンスのオーナーヴェルデッチご氏が来社されました。

ヴェルデッチ氏は、弁護士であり、1990年わずか2haの畑から趣味としてワイン造りを始めました。手間のかかる有機農法、亜硫酸無添加など話題となりましたが、それ以上に香り高い素晴らしいワインが話題となりました。
好きな「シュヴァル・ブラン」のようなワインが造りたいとプライベート・リザーブはカベルネ・フラン主体のワイン。年間生産量は、800ケースと少なく幻のワインと言われている。



番匠田と醸造設備の見学の後、テースティングしました。
コメントは余り多くありませんが、アルガブランカ ピッパ2002とイセハラ2004には、他に無い独自の個性があるとおっしゃって下さいました。

夕食に、ブリリアンテを試していただくと甲州はスパークリングに一番向くのではというコメントで、2回のお替わりを求められニュージーにも沢山のスパークリングはあるが、これ程複雑で深い味わいのものは極少ないということで、大変な気に入りようでした。
 



Copyright(C)2001.KATSUNUMA WINERY CO,LTD. All Right Reserved.
〒409-1313 山梨県甲州市勝沼町下岩崎371
TEL/0553-44-0069 FAX/0553-44-0172
E-MAIL kw@wine.or.jp  [HOME]